センスダイアログとは

ReLight代表 白木雅代インタビュー

--- センスダイアログとは、どういうセッションですか?

白木
その人が持つ感性を使って、その人の中にある根本的な願い、

何かを達成したり、変化する力を引き出したりしています。

--- 感性を使うとは、どういうことでしょうか?

白木
その人の中にあるものを、その人の五感を通して体感していくということです。

--- センスダイアログをすることになったきっかけは何ですか?

白木
今から20年近く前にさかのぼります。

その頃、コーチングを学び、コーチとして活動をはじめました。
通常のコーチングがそうであるように、当初はクライアントが立てた目標の達成をサポートしていました。

多くのクライアントや、コーチ仲間に出会っていくうちに、私の中に違和感が生まれていきました。
多くの人が、過剰に学んだり、身につけることをとても大切にしていたからです。

私の目には、彼らが求めている能力は、彼ら自身の資質として、
すでに持っているものがほとんどだと感じていたからです。
また、多くを身につけた人たちから、生きづらさのようなものを、強く感じていました。
苦しそうに見えました。

オーダーメイドの服や住宅は、自分に合わせてもらうことができ、心地が良いです。
既製品は、着方や暮らし方を、自分の方が合わせなければいけません。
自分ではないものを身につけて生きるのは、とても生きづらい、それは当然です。
だからこそ、自分の持っているものを使うのが、一番心地がよく、生きやすいのです。

--- 確信のようなものがあったのですか。

白木
そうですね…

はい、確信はありました。
新たに身に着けなくても、その人の中に達成する力は既にあるのだから、
それを使えるようにし、育てていけば良いだけだ、と。

けれど、私が「あなたの中にあるよ」と言葉で伝えても、なかなか納得してもらえません。
本人が「ある」ことを実感できない。

だから、使えないのです。

--- その状態から、どう使えるようにしたのですか?

白木
私自身、あるきっかけによって、自分の感性(五感)を使って体感できたのです。

自分の奥にある力を、です。
体感できたことで、自分の資質を信頼することができ、
そしてそれを磨いて、発展させていくことができました。
これだ!これで、使えるようになる。
クライアントの奥に潜む力を、引き出すことができるって。

--- センスダイアログは、どのように進めていくのですか?

白木
その人の本当の願いや力は、無意識の中に入り込んでいます。
いわゆる潜在能力です。
無意識に入る方法として、その人の感性、つまり五感の力を使うのです。

こうなりたいと頭で思っていても、意識で変えられない。
その部分については、五感を使って、自分の中に入っていくしかないのです。

--- 五感を使うには、慣れが必要ではないですか?

白木
そうです。だから少しずつ、クライアントの様子を観ながら進めています。

本当に手間隙かけて、センスダイアログを進めていくことになるので、
セッション期間は長めになる人が多いです。

--- とても注意深く行っているのですね。

白木
はい、私が一番気をつけてやっているのは、とにかく安全にやることです。

その人が自分の中に触れていくのを、ゆっくりとサポートしていきます。
ただ、感性を使う危険性も分かっているので、注意深く見守りながら、慎重に進めています。
早く変化してしまいたい、皆さんそう思われます。
でも、ある側面からすれば、今の状態が、その人にとって最適なバランスともいえるのです。
だから、普段の生活が崩れないように、丁寧に変化を起こしていきます。

--- センスダイアログが向いている人はどういう方ですか?

白木
そうですね…あえて言うなら、こういう方々でしょうか。

  • 自分のことをすごく知りたい人
  • 探究心が強いひと
  • 自分のやり方を見つけようとするひと
  • ものごとを思考ではなく、感覚(センス)で理解する人
  • 教わった通りやろうとするけど、自分独自のやり方になってしまうひと
  • 何を探しているのかわからないまま、ずっと探しているひと
  • 既存のサポートにがっかりしてきたひと

--- 逆に、センスダイアログが向いていない方はどうでしょうか?

白木
これも断定しづらいのですが。

人に答えを求めている人でしょうか。
講師が正解を持っていて、クライアントがそれを受容れるという形態ではないからです。
また、頭(思考)で理解するものでもありません。
センスダイアログは、クライアント自身が自分の感性を用いて、自分の中から答えを見出すものです。

教えてもらう目的の方だと、私ではお役に立ちません。
お互いのためにお断りすることもあります。
とはいえ、新しい体験をして頂く為に、ReLightならではのアプローチで、丁寧に関わらせて頂きます。

--- 答えの見つけ方は、人によってそれぞれ違いますか?

白木
感性といっても、一括りにできるものではありません。

一人一人の五感は、個性があります。
そして理解の仕方にも、個性があります。

クライアントさんから、よく言われます。
「白木さんは、本当に、私に合わせてくれているのですね。

他の人に対して、白木さんはこういうやり方はしていないと、実際に見なくてもわかります。」と。

--- 一人一人に合わせたセッションですか?

白木
私自身は、クライアントに応じて区別してやっているつもりはありません。

一人一人感じ方や性質が異なるので、同じようにできない(笑)といった方が正確かもしれません。

--- センスダイアログが目指すものを教えて下さい。

白木
3つありまして。
1つは、自分を動かすエネルギーを、クリーンなものに変えていくことです。

セッションを受ける当初は、ご自身の葛藤を解消したいという目的が多いです。
パワフルな方も多く、彼らは原子力発電のようなエネルギーで動きます。
エネルギー自体は強いので、仕事はできる方が多いです。

ただエネルギーの土台が何なのか、それを知ることが大事となります。
不安や恐れ、劣等感などをエネルギー源にしている方が、多くいます。
若い頃は、それが大きな成果をもたらしてくれますが、40代を境に、閉塞感が出てきます。
体力や気力が落ちてきますから、「変えないと持たない」と、皆さんどこかで感じています。

そこで、どんなエネルギーで自分は動いているのかを知る必要がありますが。
一人ではなかなか、感じ取ることはできません。

だから、私が注意深く見守りながら、クライアントさん自身が中に入っていくのをサポートしているのです。
エネルギーの源が何なのか。
そのエネルギーで、これからも動き続けることはできるのか。

それが持続可能なエネルギーでは無いならば、その人の別の資質を引き出します。

例えば、怒りや恐れが土台だとしたら、喜びや楽しむことができる性質を引き出したり、
仕事や人を愛する思いなど、気づくのをサポートします。
すべて、クライアントの内側から発掘します。
正しい考え方や習慣を身につけてもらうのではありませんので、自然で負担がありません。

原子力のような爆発的なパワーはないですが、
リスクが少なく、持続可能なエネルギーに転換していきます。

--- 2つ目は何ですか?

白木
2つ目は、その人が持っているあらゆることを使っていくことです。
その人の全体を活かすことです。

西陣織の名匠の話を耳にしました。
『一般的な織物は基本的に「生地の風合いを作る糸」と「絵柄を表現する糸」と分けて考える。

私の織物は、すべての糸が主役になったり、わき役になったりして
それがレイヤー構造の中で混在し融合して一つの生地にする。』
この名匠の織物は表側だけでなく、裏側も独特な美しさがあるそうです。

私も同じような考え方でひとづくりをしてきました。
資質や能力は個人の中に無数にあって、時や状況によって常に主役やわき役が入れ替わる。
その人の性質の一部分を切り取って「個性」と考える方もいると思いますが。
私は、一人の人間の中にある多様な資質や能力が混在し融合した姿を個性だと考えています。

その人の内側に自然を創り出すイメージです。
自然はその調和した姿が美しく、多様でたくましい。

クライアントさんの回復力や柔軟性はここからきます。

--- 3つ目は何ですか?

白木
色々なものを使えるということは、その人自身を全肯定してゆくことと繋がります。
どんな自分でもOK、大丈夫だと体感できたら、自己一致感が深まるのですね。

センスダイアログのセッションを受けていると、だんだん穏やかになる人が多いですね。
とんがっていた人が丸くなった、柔和になったと家族に言われたとか、

そういうのはクライアントさんからよく聞きます。

--- 白木さんのビジョンを教えて下さい。

白木
私はこれまで、一人一人の中にある能力を開花させ、

「自分らしく、自由に人生を生きて欲しい」願って、センスダイアログを開発し、提供してきました。
自分を理解し尊重して生きるようになると、自然と他者を理解し尊重できるようになり、
不要な嫉妬や競争がなくなっていく人たちを、見続けてきました。
不要な競争は、戦争と少し似ているように感じます。
何かを得るのかもしれませんが、多くの犠牲が伴います。

これは、個人間だけでなく、企業・組織・地域・国も同じだと思うのです。
競争ではなく、それぞれが自分たちの特性をよく理解し発揮できるようになれば、
不要な競争はなくなっていくのではないでしょうか?
敢えて創り出した魅力ではなく、本来持っている魅力に気づいていくことが、
安心安全な社会を創っていくことに繋がると感じています。

これからは研究対象を広げて、日本人が本来持っていた能力を研究してみたいなと思っています。

ご予約・お問い合わせはこちら
センスダイアログ(個人セッション)はこちら
認定ナビゲーターコースはこちら
研修・講演はこちら
おおかみさんのコミュニティはこちら