センスダイアログナビゲーター

センスダイアログナビゲーターとは

現在、センスダイアログを提供できるのは、代表の白木と、白木が育てたナビゲーターだけです。
(※個性を活かしオリジナルなセッションを提供しているセンスダイアログ認定ナビゲーターもい
ます)

センスダイアログは、一般的によく使用される「人を分類する方法」を用いません。
分類する方法には、心理テスト、コミュニケーションのタイプ分け、性格診断など数多くありま
す。

女性であれば、骨格診断、パーソナルカラーなどがあります。「なるほど~」と納得でき、今まで
何となく感じていたことが腑に落ちます。ところが、いざ自分でそれを活かす段階になると、思
うように活用できない。診断はあくまで入口です。

また、コーチングにはフロー(流れ)のようなものがありますが、センスダイアログには決まった
形を、あえて持ちません。ナビゲーター側がセッションをコントロールするのではなく、クライア
ントの流れに沿って進める為です。
ナビゲーターも「感性」を使い、目の前の人と向き合いながらその時その時のオリジナルセッ
ションを展開します。

ですので、センスダイアログを扱うことは難しく、誰でもできるわけではありません。そんな中、
このあと紹介しますナビゲーターは、白木が直接セッションを行い、センスダイアログを指導し、
出来ると判断したメンバーです。

彼女たちの人生のキャリアの中に、その適正は育まれてきました。
まず、人間理解があり、心の深層への理解力、状況に応じる反射神経が彼女たちの強みです。
また人間関係に器用であることより、度量があることを重視しています。人間関係の苦しさ、失
敗を経験として持っていることはナビゲーターとしての財産です。

それでは、ReLightのセンスダイアログナビゲーターをご紹介します。

ナビゲーター 杉浦祐子

体調不良に悩んでいた私がセンスダイアログに出会い、まさか自分がセンスダイアログをナビゲー
ターとして提供させて頂く側になっていることが、本当に驚きです(笑)。
多くの皆さんも、何かしらの体の不調を抱えて日常生活を送っていらっしゃると思います。

私の場合、不調が限定されず多くの症状がありました。
常に重りが乗っているような倦怠感や原因のわからない微熱、体温調節が上手くいかない、アレ
ルギー症状の悪化などありました。
痛みは、首・肩・腰に及び、腕には痺れもありましたので精神的にもつらい状態でした。
元看護師でしたので、これらが病院で治るものだとは考えませんでした。漢方、アロマ、接骨
院、カイロプラクティス、鍼灸、ヨガ、瞑想と、改善できるものを必死に探してきました。

そんな時、「あなたの症状は体ではなく心ではないか」と言ったある施術者の言葉が心に残りま
した。そのことが大きな転機となったのです。体を治すことだけを考えていた私が自分の心に目
を向け始めた時に、センスダイアログと出会いました。

それまで「正しさ」「常識」「他人の気持ち」を優先することが大事だと思って生きてきました
が、自分自身も大切にすることができるように変化していきました。生きていれば、良いことや
悪いことどちらもありますが、自己否定がなくなっていったので、どんな感情も自然と受け容れ
ることができます。ただ、そう感じているという感覚です。
自分を理解できるようになると、自然と他者を理解することができるようになり、家庭が平和に
なっていきました。自分が変われば周囲との関係性が良くなるといいますが、本当だと実感して
います。同時に、体の様々な不調が軽減し、改善していきました。

今、自分の顔を鏡で見ると驚きます。私の眼がキラキラしているのです。以前の私は、死んだ魚の
ような目をしていたからです(笑)、内側から元気になっているのですね。

これからは、センスダイアログのナビゲーターとして自分と同じように苦しんでいる女性の力にな
りたいと思っています。心と体は関係しているので、いずれは未病、病気の回復につながるサポー
トができるようになることが大きな夢でもあります。
今はまだ体の不調まではいっていなくても、内面に違和感を抱えている女性に是非、センスダイア
ログを体験して頂きたいと思っています。

趣味・特技

専業主婦歴20年
看護師 オペに入っていました。
着付け 着物の美しさに魅かれ、学んでいます。
フラワーアレンジメント 
西洋占星術に興味があって学んでいます。

ReLight代表、白木雅代が推薦します

杉浦祐子さんは、「ナビゲーターになってみませんか?」と私からスカウトした人です。センスダ
イアログの個人セッションは、クライアントの表層的な面だけではなく、深層にある面にも触れ
るのですが、クライアントだった彼女の、人への愛情深さを感じたからです。優しい人はたくさ
んいますが、彼女の心根を感じ「こんな人に、クライアントさんと向き合ってもらいたいな。」
とスカウトしました。

好奇心旺盛で、努力家でもあります。感情や感覚にアプローチするセンスダイアログによって起き
る体の変化が彼女の好奇心を掻き立て、凄まじい集中力で成長していきました。

20年主婦として家族を支えてきましたが、結婚前はオペ看護師として活躍されていました。医師
が、即答で「仕事ができる!」というほどです。術野に集中している医師が言葉を発しなくて
も、手を出せば欲しい機械を欲しいポジションに渡すことができ、突然の状況変化やトラブルに
対応できる才能を持っています。それを、それぞれの医師の特徴に合わせることができる才能。
センスダイアログナビゲーターとして、活躍することを期待しています。

ナビゲーター 稲垣嘉子

センスダイアログに出会うまで、様々な立場の方にアドバイスをもらってきました。
私はモノゴトを複雑に考える性質だった為、どの立場の方からも「考えすぎてはダメ」だと教えて
くれるのですが、どうやって考えるのをやめるのかを教えてくれる人はいませんでした。
或いはやめる方法を教えてくれた人がいたのかもしれませんが、思考を止めることはできませんで
した。
考えることを止めろと言われても、止められない。長年どうしていいかわからずに辛かったです。
理解されないことが本当にストレスでした。

センスダイアログに出会い、突然「深く考える」という選択肢が生まれました。何かを習得する
時、何かを理解する時の思考は私の才能だと言われたのです。人の倍、深掘ることや、広げるた
めに、考え続けることが出来る才能だというのです。脳は本来、「わからない状態はストレスな
為、シンプルに考えようとする」のですが、私はそれが寧ろストレスではなく好きなのだと腑に
落ちました。

一方で、自分の感情である不安・恐れ・怒りなどから生み出される、延々と止まることのない思
考は、しなくてもよい思考だと区別することができました。
センスダイアログでは、自分の素直な感情と向き合います。自分の感情を受容れ、自分の内面で自
由に表現できるようになると、不要な思考は自然と止まっていきました。

センスダイアログとは、能力開発だと言います。一般的に考えると、外側に向かうキャリアや実績
のようにも感じます。しかし、センスダイアログの能力開発は、その人の内側に向かっています。
クライアントが自分の持っているものを肯定し、活かすこと。最大限「自分らしく生きる」こと
を支援します。

私が自分自身の「思考力」を抑えて生きようとしてきたように、あなた自身と切り離すことがで
きない才能を理解し、活かすサポートをさせて頂けたら嬉しいです。

趣味・特技

60歳を越えた今もソフトボールを続けています。
離婚後、シングルで一人娘の子育てしてきました。
現在、母と同居しサポートしています。
現在も現役派遣社員。
60歳を越えて、まったくの異業種センスダイアログナビゲーターに挑戦

ReLight代表、白木雅代が推薦します

稲垣さんは、ナビゲーターとして早く芽を出したわけではなく、逆に非常に時間をかけてスター
トラインにつきました。
一方でセンスダイアログナビゲーターにとって何が重要で、習得までどれくらいの期間がかかるの
かの判断に非常に優れています。
ソフトボール選手として全日本に招集されたほどの人なので、技術を磨くことには長けています。
ポジションはキャッチャーです。守備の中で1人だけ反対側から試合を観て、多くの情報を収集
し、判断行動できるのがキャッチャーです。
ずっとスポーツの世界で生きてきたので本人は気づいていなかったのですが、地頭がとても良い
です。これまでは、そのことを周囲の人が理解することが難しく、人間関係で苦労されてきまし
たが、ナビゲーターとしてはあらゆる人を理解する広い視野となります。
稲垣さんなら、複雑で難解なセンスダイアログを磨き上げ、後身を育ててくれる存在になるので
は?と期待しています。
各分野で活躍される天才肌の方にお勧めです。また若い方にも人気があります。

ご予約・お問い合わせはこちら
センスダイアログ(個人セッション)はこちら
研修・講演はこちら