ログセッションについて

ReLight(リライト)白木雅代

ReLight(リライト)は
こんな方のお力になります

  • 独自の考え方・やり方を持っている
  • 自分自身を表現したい
  • 縛られているものから自由になりたい
  • 人と一緒にいても孤独感を感じる
  • 周囲の人との違いを強く感じてきた
  • 人を優先し過ぎてしまう
  • 自分を抑えて適応させてきた
  • 周囲の人が気になり過ぎる
  • 自己肯定感が低い
  • 考えすぎてしまう
  • 苦手意識が強い
  • 落ち込みすぎる
  • 心配性
  • 敏感すぎる
  • 空気が読めない
  • 疲れやすい
  • 時々爆発してしまう
  • HSP(繊細・敏感さん)
  • 発達障害

なぜ「人と同じであること」や「協調性」が求められたのか

最初に、現代の生きづらさが生み出された背景について理解しておきましょう。
生きづらさは、あなた個人の問題ではないと、私は考えています。
その理由が、私たちが辿ってきた過去を振り返ると見えてきます。

日本は戦争によって、何もかも破壊され失った体験から、経済的・物質的な豊かさに重きをおいて発展してきました。
そして戦後日本に豊かさをもたらした産業といえば、間違いなく製造業の発展です。
「日本はものづくりの国」として世界の歴史を見ても、非常にまれな復興・成長を遂げます。

ではなぜ、そのようなことが可能だったのでしょうか?
その理由の1つに、人材育成があったと言われています。
製造業の発展には「同じ方向を向いて、お互いに協力できる」人材が不可欠でした。
日本の教育は、そのような人材の育成に大いに成功したと言えます。

生きづらさの根底にあったもの

現在の日本は先進国として、産業(主に製造業)の発展とともに経済的・物質的に恵まれた豊かな国へと成長しました。
こんなにも快適で、豊かな私たちの生活の中で、なぜ私たちは生きづらさや、息苦しさを感じてしまうのでしょうか。

それは前述したように社会から求められていた、私たちの在り方から生まれたものだったのです。
そして、時代が変わり、社会の状況が大きく変わった現在も、私たちは古い在り方を維持し続けてきたからとも言えます。

「〜しなければならない。〜した方が良い。〜してはいけない。」という、いわゆる「価値観」によって
私たちは、家族や他人、社会、世の中、自分以外の何者か、から価値判断され
その結果ひとりひとりの持つ個性や能力は、抑圧され、排除されてきました。

例えば「集団の輪を乱してはならない」という価値観。
学校や企業、さまざまな組織の中では、同じルールの中で縛られ、少しでもはみ出たり、枠を外れれば、問題になる。
私たちは、その場の空気を読み、暗黙のうちに要求されていることを把握し行動することが正しいと
「今」も思い込んでいます。

自分らしく生きることが難しい時代を、私たちはここまで生き抜いてきました。
そう考えると、私たちは、本当によく我慢して頑張ってきましたね。

新しい時代は、生きづらい人こそ適応できる

令和という時代に突入した今、新型コロナウィルスの爆発的な流行によって
今までの社会の在り方が問われ、急速な変化を求められるフェーズにあります。

新型コロナウイルスが私たちにもたらしたものは、一見すると絶望的な状況のように見えますが
それと同時に、やっと私たちひとりひとりが、自分の在り方を見直す機会を与えられたとも考えられます。
そう考えると、今という時代は絶好のチャンス!だと捉えることができるのではないでしょうか。

社会はより開かれたものへと拡大・発展してきた反面、私たちの在り方は時代から取り残されているような
時代にそぐわない在り方を維持しているような気がしてなりません。
現在の時代の流れに沿った生き方へシフトチェンジをする
ことは、急務であることは言うまでもありません。
新しい時代は、これまで生きづらかった「個性を持つ人」にとって生きやすい時代です。

身につけるのではなく、自分を取り戻す

では、新しい時代にあった在り方とは、一体どんなものでしょうか?
一言で表現するとすれば、「本来の自分である」ということです。

当たり前のことですが、「私」以外に誰ひとりとして同じ人間は存在しません。
同じ人間であっても、ひとりひとりが違う「私」という個性と才能を持った存在なのです。
ですから、実は能力を身につけるという生き方ではなく、元々備わっている資質や能力を発揮するだけなのです。

しかし、私たち人間は、成長する過程でさまざまな価値観を無自覚に身につけていき
この価値観が本来の自分である自由を縛っていきます。
そして、その価値観を強化しながら大人になり、やがて本来の自分がわからなくなってしまいます。
結果として自分らしさを発揮することができないのです。

ReLightが提供するサービスは、「ろ過」によって混合物を分けるように
「あなた」と「あなたでないもの=価値観」を分け、あなたを再構築するプロセスです。

ReLightはあなたを開放する自立型・体験型サポート

ReLightは「自分らしさを取り戻し、主体性を持って本来の自分を生きること」をサポートします。
具体的には、成長過程で身につけてきた「価値観=プログラム」をひとつずつ、丁寧に解放していく作業を
安全な状態でサポートしていきます。

ここで、「価値観=プログラム」について、簡単に説明しておきます。
電化製品は電源を押すと動きます。
これは、自動で動くようにそうプログラミングされているからです。

私たち人間にも同様に、成長過程で無自覚に身につけた無数の「プログラム=価値観」が存在しています。
そのプログラムによって「ある出来事→ある反応」が自動的に起こります。
自分自身だと信じている「考え方や行動パターン」の多くは、こうした「無意識の自動反応」なのです。
このプログラムは潜在意識にインストールされているため、自分の意識だけで変えることがとても難しいのです。

このような人間の持つ脳機能を理解した上で
自分ひとりでは変えることが困難なプログラムからの解放をサポートすることで、本来のあなたらしさを開放します。
対等なパートナーシップを築き、あなた自身のチカラを使い成長する「自立型・体験型サポート」です。

頭と心と体を分けない、立体的なアプローチ

従来のカウンセリングやセラピーと一線を画します。
その理由は「頭と心と体を分けない、立体的なアプローチ」にあります。

世の中にある様々な手法は、頭(思考)だけ、心(感情)だけ、体(感覚)だけ、とそれぞれ分離しています。
しかし、私たちの頭(思考)と心(感情)体(感覚)は、複雑に繋がっているのです。

ReLightのログセッションは、人間を切り取った一側面で理解するのではなく
切り離なすことができない人間全体を立体的に理解します。
自分の全てを使って体験し理解することで
深い納得感や安心感、自由な感覚、自己一致感、体の変化を感じることができます。

料金・アクセス
プロフィール
友人からの紹介文
ご予約・お問い合わせ