友人からの紹介文

私が最も信頼する友人に、白木雅代の紹介をお願いしました

白木さんと他のコーチやカウンセラーの違いを、専門的に言うと難しくなります。
私は庭にたくさんの植物を育てているので、植物に例えてみました。

コーチは、植物の花を咲かせようとしたり、実を結ばせようとしたりする人です。
カウンセラーは、害虫や病気になってしまった植物の「悩みの部分」を解決していく人ですね。

もちろん、白木さんのところに来るクライアントさんも、何とかしたい苦しさや痛みを持ってきます。
でも白木さんは、それを含めた全体で受け止めます。
解決策を見出そうとするのではなく、
その人の根っこ(本質)
存在している土壌(環境)
そこに集まる虫たち(関係性)

全てをマルっと受け止め、クライアントさんと関わります。

人って、花を咲かせることや実をつけることばっかり考えてるじゃないですか?
でも、その植物には目に見えていない根っこの部分もあるし、土壌の影響を受けているし、
その土壌をつくる微生物や、やってくる虫たちの存在もあります。

それらの存在や関係性の意味が自然と浮き上がってくることで、
クライアント自身が自分の根っこにあるもの、自分に与えられた環境の意味を見出していけるようになります。
花とか実ばかりを見ていたら分からないことです。

植物がそうであるように、人間にもバランスを取り戻す力があって、自分自身を癒して、育っていく力があります。
白木さんは、クライアント自身がそうできるように関わってくれます。

庭づくりをしていると気づかされますが、その植物があるからそこにやってくる虫がいて、
そこに生える他の植物があるんですよね。
人もその人がいるから、集まってくる人がいて、新たに生まれるものがある。
花を咲かせることや実をつける事だけではなく、存在が生み出す豊かさもあるんですよね。

白木さんのクライアントは、花や実(結果)だけじゃなく、自分の存在の価値を理解していくことができます。

白木さんはそれらを理屈ではなく、感覚的にわかってやっている、天才タイプの人です。

ログセッションについて
料金・アクセス
プロフィール
ご予約・お問い合わせ